石狩海岸を歩く

Visit & walk

 

石狩海岸の自然

石狩海岸は、石狩川が運ぶ大量の土砂と日本海から吹き付ける厳しい季節風によって形成された砂浜海岸です。

海岸に平行して約25kmにわたり続く砂丘上には、イソスミレやハマナスなどで彩られる海岸草原が広がり、

その背後には日本最大規模のカシワの自然海岸林を有します。

大都市近郊にもかかわらず、砂浜から海岸林にかけての植生の連続性が保たれる石狩海岸には、

イソコモリグモ、キタホウネンエビ、カシワアカシジミなど海岸砂丘特有のいきものを育む環境が残っています。

 
 

石狩海岸フットパス

小樽と石狩をつなぐ海辺の道は、古くから人々に利用されてきた歴史があります。近年になり石狩湾新港ができ、新たな開発が行われている場所でもあります。石狩湾の大パノラマのもと、自然と歴史と未来を体験できる道を歩いてみませんか。

新港東から本町へのうみべみち

石狩湾新港東ふ頭周辺を通り、積丹半島から雄冬岬まで石狩湾の眺望を横目に、浜辺の自然を感じながら400年の歴史を有する本町地区へと向かうルートです。

Route 1

新川河口・旧小樽内川跡とカシワ林の道

新川河口から旧小樽内川跡の沼をひと回りし、カシワ林の中を巡るルートです。

 

​※このルートは現在利用できません(2019年5月30日時点)

Route 2

石狩砂丘と新港工業団地を巡る道

新川河口から石狩湾新港西側にかけての海岸部と石狩湾新港工業団地を巡るルートです。

​※このルートは現在一部利用できません(2019年5月30日時点)

Route 3

石狩川河口右岸から望来へのうみべのみち

石狩市八幡町から石狩川右岸と聚富(シップ)海岸沿いを歩き、望来高台を経て望来市街へ至るルートです。

Route 4

石狩本町から河口まではまなすの丘公園をめぐるみち

石狩発祥の地である石狩市本町地区の歴史スポットを巡り、はまなすの丘公園から石狩川河口、砂浜へと海岸草原を堪能するルートです。

Route 5

become a member
contact us
  • Facebook
  • Twitter